施工:2016年04月

アイアンとウッドを組み合わせた階段のアプローチ@生駒市

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

 概要

家を新築されましたが、高台のご自宅へのアプローチがないということで、新たにアイアンとウッドの階段と玄関周りを制作いたしました。

施工前

高台にある新居。掘り込みガレージの上に登らねばなりません。

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォームの施工前
既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

ご要望

・高台のご自宅へのアプローチとしての階段が必要

ご要望

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

高台のご自宅へのアプローチとしてアイアンとウッドの階段をご提案。門柱は、お客様とのやりとりの中でシンプルなデザインをご提案しました。

 施工後

【アイアンとウッドの階段】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

手摺や階段の踏面などをウッドで制作しました。

【門柱】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

門柱の裏側。右サイドにポストを設置。マリンライト用のニッチを設けています。

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

床には、インド産の落ち着いた砂岩を張っています。

【玄関ポーチ】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム
既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

地窓の下に小さな植栽枡を設けました。

 施工を終えて

今回、階段アプローチで使用した、アイアンとウッドの組み合わせは、様々なお庭で使用していますが、お客様にご好評をいただいております。

投稿日:2016/09/29

関連記事

お問合せ/ご相談