施工:2019年06月

掃き出し窓前の遮蔽を兼ねたパーゴラのある可愛い庭

目隠しのための工事

概要

閑静な住宅街に新築住宅を建てられて、しばらく暮らされる中でネットでお問い合わせ頂きました。家を建てた時に感じなかった不便を実際に暮らしてみると感じることはよくあることです。そういう意味では、建築時に庭を作り込まず、必要な外構を考える好例であると思います。

ご要望

・お隣との窓前などの遮蔽をしっかり行いたい。そのことで互いに気にせず暮らし易くできれば
・主庭を庭らしくしたい
・花を育てたい

施工前

駐車場や門柱など、必要な部分は作られ、それ以外の部分は手付かずの状態でした。

掃き出し窓前の空間

主庭の様子

ご提案

シンプルなお庭を提案しました。当初庭小屋もご要望でしたので小さな庭小屋も提案しています。石組みの植栽部分、小さな園路、花壇。そして目立つ2連の室外機にカバーを掛け、カバーデスクとして利用することなど、ご提案しました

これは追加でのご提案でしたが、掃き出し窓前の遮蔽を兼ねたパーゴラです。家中から見えないように遮蔽するためには2メートル超の高さが必要となります。風の影響を考えますと、パーゴラ状に4本足にさせて頂き、強度を出しながら、遮蔽することをご提案いたしました。普通のパーゴラでなく、遮蔽フェンスでもありますが、一方、棚を設置することでお部屋からでも小物が見える可愛らしいデザインにしています

施工後

掃き出し窓前の遮蔽を兼ねたパーゴラ

可愛く飾り付けてくださっています。土面は、土のような強度あるモルタル材で広場を作っています


小さな工夫ですがパーゴラの棚。実際に使ってくださるのをみると私たちもやはり嬉しい気持ちになります

主庭

こちらも可愛い植栽をしていただいています


お子様の砂場も作らせて頂きました。大きくなられたら花壇に再利用


ワンポイントの袖壁はイタリア漆喰塗り



庭に置いてくださっているグッヅが可愛いですね


2連の室外機カバーデスクも制作させて頂きました。強度の高いデッキ材で作っていますので、色落ちしますが、材質は頑強です。こうして使っていただくのが理想でしたが、理想以上でした

施工を終えて

家を建てた時に感じなかった不便を実際に暮らしてみると感じることはよくあることです。そういう意味では最初から庭や外構を作り込むのではなく、実際に暮らした後に、不便を解消するための外構に取り組む方法は理想的なのかもしれません。

投稿日:2019/08/02

関連記事

お問合せ/ご相談