施工:2018年12月

地面の境界線(区切り)を生むための外構工事

概要

家の新築に伴い、玄関周り、駐輪場、ウッドデッキなどを制作しました。家前面が駐車場に隣接されているため、駐車場と家の敷地を区切ることがポイントでした。

ご要望

1、ウッドデッキの作成
2、幅7メートル程度のシンプルな駐輪場
3、新築に対する門柱等の外構工事一式
4、家と駐車場の区切りを明確にしたい

ご提案

家前面のスケッチです。門柱やアンティークレンガでアスファルトの駐車場との区切りを入れようとしています。大きな自転車置き場が併設されます。

施工後

玄関前

門柱も土間もやや丸くなって、柔らかい雰囲気にしています


門柱には小さなニッチ。土間のレンガは少し抜いています

立水栓と植栽


アスファルトの縁にレンガを入れて、立水栓も作りました。植物がいるだけで空間が柔らかく変化します

木製駐輪場



約7メートルほどの駐輪場。駐車場内部に土間の淵に砂利を入れてますが、これは駐車場との区切りを柔らかくするための工夫です


屋根はポリカ波板です。ポリカは何処でも手に入る材料です。安価でそれなりに強度があり、張替えも簡単です

小道からウッドデッキへ

ウッドデッキへ向かうためのオリジナル木製ドア


土風の土間やレンガを入れながら細い小道を作りました。通路が小道へと生まれ変わりました

家裏側は全面ウッドデッキになっています

木製駐輪場

用途 自転車・バイク置き場
サイズ 寸法:7300 × 1700 高さ:2500
屋根 ポリカ波板(透明)
外装 板貼り
内装 なし
モルタル土間
天井 なし
ドア なし
設備 照明なし

施工を終えて

今回の事例は駐車場と家の敷地を区切ることがポイントでしたが、配置や素材などの工夫により、実際的にも、心理的にも、それぞれ「印象の異なる区切り」を生み出すことが可能になります。

投稿日:2019/09/02

関連記事

お問合せ/ご相談