施工:2013年06月

愛着のある庭木を残しながら家庭菜園を楽しめる庭にするリフォーム@西宮市

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

 概要

大きなムクノキ、ネズミモチ、サルスベリ。昔から庭に棲まう樹木を残して庭を作り替えたいという依頼を頂きました。庭は建築と違い、全てを新しくする必要はありません。庭にあるものを使いながら、新しい暮らしに合わせることも可能です。

施工前

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォームの施工前

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

ご要望

・ご家族で集える広場が欲しい
・小さな菜園が欲しい
・自然な雰囲気を残して欲しい

 施工後

【庭の全景】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

施工前写真とほぼ同じ位置ですが、季節が違います。

【ご高齢の方が使いやすい菜園】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

あまり腰を曲げなくて済むようなデザインにしました。また、畑の縁もウッドで囲み、手が痛くないように配慮しています。園芸支柱をあまり使わず済むようにステンレスネットを取り付けました

【シンクと作業台】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

菜園で収穫したものを根洗いし分別するための場所です。こちらも腰を屈めず済むようにシンク形態にしました。

【遠路とバラの誘因ゲート】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

園路は、土風土間の洗い出しで小さな小路に仕立ててます。

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

バラの誘引用のゲート。

【パーゴラと土間】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

枕木とレンガの土間とパーゴラ。木陰でお茶を飲んで頂くイメージで施工いたしました。

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

枕木とレンガの土間とパーゴラ。木陰でお茶を飲んで頂くイメージで施工いたしました。

【物置を少し間仕切るスクリーン】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

これがあると無いでは見え方が全然違います。

【カツラの木】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

カツラは水が大好きな樹木です。

【外からの風景】

既存の木々を残しながら使いやすい庭へとリフォーム

元からあった3本の木が、雑木林を演出してくれています。

 施工を終えて

庭は建築と違い、全てを新しくする必要はありません。庭にあるものを使いながら、新しい暮らしに合わせることも可能です。愛着の品々(植物)を組み合わせながらデザインすることで、より愛着のある庭に生まれ変わります。

投稿日:2017/03/17

関連記事

お問合せ/ご相談