施工:2016年05月

岩盤の急斜面の裏庭を家族の憩いの場へと有効利用@宝塚

急斜面の裏庭を有効利用

 概要

宅地内に残された岩盤に覆われた斜面の裏庭。この使い道がない敷地のリフォームを有効活用するプランをご提案させて頂きました。

施工前

急斜面の裏庭を有効利用
敷地脇の通路から見える裏庭の様子
急斜面の裏庭を有効利用
自作された小さなウッドデッキと盛り上がって見える岩盤の斜面

ご要望

①物置を置かれたい

②菜園を作りたい

③歩き易い面積を確保

ご提案

急斜面の裏庭を有効利用

①岩盤前面を撤去するには人力で行うほかなく、コストが嵩むため、「実際に使う」コストパフォーマンスにあった面積のみを施工区域にする

②ハーフビルドでの庭小屋制作

③安全な土留めと区画の確保

 施工後

オリジナルドア

急斜面の裏庭を有効利用

裏庭に向かう通路に階段を作り、オリジナルドアを入れています。階段を作ることで斜面がなくなり、裏庭へのアプローチが歩きやすくなります。使い勝手の良さには、通路も大切です。

新しくできた家族の憩いの場

急斜面の裏庭を有効利用

洗濯物干しの屋根、新たなウッドデッキ、菜園、そして庭小屋で構成される新しい家族の憩いの場所です。

屋根

急斜面の裏庭を有効利用

透明の波板で作った屋根。

洗濯竿掛け

急斜面の裏庭を有効利用

竿掛けもウッドで作りました。

菜園

急斜面の裏庭を有効利用

デッキの脇には小さな菜園。

庭小屋とウッドフェンス

急斜面の裏庭を有効利用

物置替りの庭小屋。お客様とハーフビルドで作りました。

急斜面の裏庭を有効利用

庭小屋とウッドフェンスを一体化し、プライベート空間を確保しています。

ステップ階段

急斜面の裏庭を有効利用

デッキからのステップ階段

 施工を終えて

全面の庭をご提案させて頂きたいところですが、「現実的なコストパフォーマンスに見合うか」という問題があります。
特に裏庭はご家族だけが使う場所ですので、ご家族にとって使い勝手が良いことを優先し設計いたしました。

投稿日:2017/09/20

関連記事

お問合せ/ご相談